にゃんころころ猫だまり

♫ ♪ 家猫5匹とガレ猫3匹、そして幸せに出逢った子猫たちのアルバムです ♪ ♬

ぽちゅこの災難(0.5)~謎のレンコン~

解けない謎があります

あれから3年半も経つというのに、突然、頭に浮かんできて、うむと頭をひねり、首をかしげて終わります。幾度、考えても、何度、思い起こしても、さっぱり合点がいかないのです

いったい、あのレンコンはなんだったのでしょう

f:id:nyan-chuke:20190312190704p:plain

 

レンコンが出現したのは

ぽちゅこが第一回目の災難<マンソン>に見舞われる一か月前のことです
マンソンの詳細はこちら👇

ぽちゅこが、猫だまりで暮らすようになってから二週間ほどした朝のことです。いつものようガレ部屋に入りますと、キャットタワーの前の敷物の上に、輪切りにしたレンコン1/4かけと白い穴あきシートの切れ端がありました。置かれていたというより、吐き出されていました |д゚)

f:id:nyan-chuke:20190312194253j:plain

 

なぜにレンコン!?

そのときは、何か月もレンコン料理は作っていなかったし、レンコンのお惣菜を買った覚えもありませんし、吐き出されたレンコンは火が通っていたので、野菜としてレンコンは問題ではないのですけど、 野菜のレンコンそのものも買っていないわけですから、猫だまり宅にはレンコンという野菜も料理も存在しないのです。にもかかわらず、その存在しないレンコンが吐き出されているのです

誰が吐き出したのか。それはやはり、ぽちゅこでしょう 

f:id:nyan-chuke:20190312220023j:plain

 

なんのシート!?

三角形に切られているのですが、煮物の輪切りレンコン1/4をすっぽり包むくらいの大きさはあります。そして、どこかで見たような・・・お肉かお魚か・・・生鮮食料品のトレーに敷いてあるシートのようでした。そうだとは確定できはしないのですけど、ちょっとメタリックで白い、なにかそのような既視感のあるシートでした

レンコンの煮物1/4かけと生鮮食品のシート。これらを同時に口に入れるには、ゴミ袋を漁ること。猫だまり地域では、お年寄りは、いりこと一緒にレンコンを煮たりしますので、いりこの香りを勘違いをして、レンコンに食いついてしまったのかもしれません。おなかと背中がぺったんこな腹ペコ猫は、シートも一緒に食っちまったのかもしれません

f:id:nyan-chuke:20190312202148p:plain

 

問題はそこじゃない!

ぽちゅこが猫だまりにやってきて、二週間も経っているのです。いくらなんでも、空腹に耐えかねて、レンコンを、いりこの香りのするレンコンを食べてしまったとしても、消化されてるはずですよ、しかも、その日のうちに。なのに、二週間も経って、なぜ吐き出すのでしょうか

ここが一番の問題であり、最大の謎です。ここが解せないのです!!

家の誰かが、レンコンが食べたくなって、こっそりお惣菜を買ってきて、ワタクシに内緒で、ぽちゅこにあげたのでしょうか。いやいや、猫にレンコンはあげないでしょう。猫にレンコンをくれてやるヤツなんて、猫だまり宅にはおりませんわよ ( ー`дー´)キリッ

しかも、ガレ部屋はワタクシの自作ですので、建付けが悪い。扉の錠前を開けるのも、閉めるのもコツがいります。ここをこう押して、ここをこう持ち上げて、ここをこう入れてから、云々かんぬんなテクニックがいるのです。わざわざややこしい扉を苦労して開けてまで、レンコンを与えたいなど思うものですかね。思いませんわ <(`^´)> フンッ

f:id:nyan-chuke:20190312213233j:plain

 

謎を解くカギはもちろんアレ

ぽちゅこのおなかにはヤツがいたのです。そう、ンソン!フィーザキーで馬だか、ロバだか、シマウマだかを捕まえるニーブラ!ではないですよ。マンソン裂頭条虫です。通称マンソンです

ヤツが消化を妨げはしなかったか キ━━(´Д`)━━タ

生鮮食料品を保つために入れるシートもあります。これがレンコン1/4を包み、さらにその周りをマンソンが取り囲んで、消化から守っている。ということは考えられないでしょうかと、マンソンを診ていただいたときに、先生にお尋ねしました

「なるほど、そういうこともあるかもしれませんね~(ΦωΦ)フフフ…」

と、乾いた台詞をくれただけで、まぁ、先生にとっては、ご興味のない出来事でしょうけれど、治療にはまったく関係のない話をいたしましたけれど、飼い主といたしましては、スルーできない問題なのです。でも、誰もその謎は説いてはくれません (T_T)

f:id:nyan-chuke:20190312210643p:plain

 

謎を解けるのはぽちゅこだけでございます

 f:id:nyan-chuke:20190312213938j:plain

f:id:nyan-chuke:20190312213959j:plain

   

猫だまりに

仮住まいをする子猫たちは、猫好きが集まる公園に置いて行かれますので、ほぼその日のうちに保護できます。でも、ぽちゅこのように、猫を気に留める習慣を持たない人たちが多い場所に置かれると・・・。ぼちゅこもずいぶん彷徨っていたようでございます。無事、猫だまりにたどり着いてくれて、ホント良かったと、今更ながら思います

しかしですね
ぽちゅこの災難は、この消化されなかったレンコンから始まったのです  ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
次回のぼちゅこの災難は、「ぽちゅこの災難(2)~奇形~」です (*´ェ`)ノ ヨロシクネ~♪

 

 ブログ村に参加しました。ボッチとお願いするニャン(=^・^=)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村