にゃんころころ猫だまり

♫ ♪ 家猫5匹とガレ猫3匹、そして幸せに出逢った子猫たちのアルバムです ♪ ♬

ニャン固拒否します

昨夜の丑三つ時の出来事でございます

天地をつんざく轟音に、うわぁ!と恐怖におののき、身を縮み上がらせ、目を覚ましました

      雷? 地震? えっ、これから大地震がくるの?

ベッドの中で身じろぎもできず、耳を澄ましておりましたけれど、続く雷さまがおりませぬ。家も揺れませぬ。静寂の深夜・・・

        パキーッ  バキバキ  ドッカーン 

あの空が割れたような轟きは、何によってもたらされたのでしょうか。ガス大爆発なら、消防車や救急車のサイレンでやかましくなるはずなのに、またしても深夜の静寂・・・

そして、カラダを硬くしながら、耳を澄ましておりましたけれど、その後、なんの音も聞こえやしません

f:id:nyan-chuke:20190328011602j:plain

 

で、朝

知らず知らずのうちに寝入ってしまったようでございます。テレビをつけても、いたってフツーないつもの朝。地元テレビ局のデータサイトで、県内のニュースを見ましても何もない。家の者に問うても、早く寝たから知らぬと。そして、テレビも市井の人々も深夜の爆音には触れませぬ

 

あれは、夢であったか

ですよねー。ビビリのりちゅこが一切反応せず、ワタクシの隣で眠っていたのですから。でもね、つんざく音を聞いた時も、「おかしい、猫たちが反応しない・・・?」と疑問に思いましたのよ。「えっ、これは夢かしら!?」って。その、疑問に思ったことも夢であったのかしら

でも、あの恐怖感は今でもまざまざとカラダに残っいるのですけれど、夢であったのでしょうね。夢は昼間の残り物。一日の行動の中で、気になっていたことが夢として現れると何かで読みました 

f:id:nyan-chuke:20190327212032j:plain

 

確かに昨夜は・・・

冬の間は、ガレ猫たちを湯たんぽのある部屋に入れて、扉を奥まで閉めて、ガレ部屋を半分にして眠るのですけれど、昨日は風は冷たかったのですけれど、ガレージの中はずいぶん暖かかったものですから、深夜になっても室温は20度。

f:id:nyan-chuke:20190327212334j:plain

 

そのため、ガレのお三匹さんが湯たんぽエリアには入らず、ずっとこっちでいるのと実力行使。眠るだけなんだから、暖かい方がいいじゃない。寒がりさんなんだから、湯たんぽの上で長くなって眠ればいいものを、何を企んでいるのかしら。夜中の運動会は禁止ですよ

f:id:nyan-chuke:20190327222904j:plain

 

明け方はまだ冷えるのに

クッションのエリアから動かないものですから、「寒くなるかもしれないのに、本当にいいのね」と念を押し、「寒くなったら、湯たんぽに行くのよ」と、アドバイスをして、そのままにして眠りに着きました

全開と半分、肌感としてはまったく変化はございません。でも、湯たんぽは全開の方が早く冷えるように思われ、やはり湯たんぽエリアは締め切った方がよいのですけれど、お三匹さんを追いかけまわして閉じ込めるのも体力がいりますし、やっと捕まえて、押し込んだとしても、扉を閉めた後で一匹とり残していたら、パニックになって、ガレージ中を逃げ回ります。元は立派な野良猫だったのですが、今は外が怖いよう

f:id:nyan-chuke:20190327231600j:plain

 

てなわけで

ごっこ付の強制移動をあきらめてしまったことが、不安として残っていて、その一抹の不安が天地をつんざく轟音となり、ワタクシを恐怖の奥底へ引っぱり込む夢となったのでしょうか

 そして、今夜も18時時点でのガレ部屋は25度。昨日より高温となっておりますので、ニャン固反対のご様子。しかし、このまま甘やかしていると、また、ワタクシは恐怖の体験をしなくてはなりませぬ。さあ、これから猫追いをやってきましょうか

f:id:nyan-chuke:20190327233903j:plain

 

てーの足が気になるのなら、今日はちゃんと湯たんぽベッドで眠りましょうね。ガレ部屋の春はまだちょっと遠いようですわ "(-""-)"

f:id:nyan-chuke:20190327233956j:plain

  

 

ブログ村に参加しました。ボッチとお願いするニャン(=^・^=)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村