にゃんころころ猫だまり

♫ ♪ 家猫5匹とガレ猫3匹、そして幸せに出逢った子猫たちのアルバムです ♪ ♬

【住猫登録】ねこ森町8丁目猫だまり島

ぽつん湖のぼっち島

はてな市ねこ森町の西の端っこ8丁目には、小さな湖があって、これまた小さな島が浮いておりました。ぽつん湖とぼっち島と呼ばれ、ぽつん湖という寂しい名前でしたけれど、たくさんのお魚か泳いでおりますから、食いしん坊な町猫のみなさんが釣りに精を出すおかげで、いつも楽しくにぎわっておりました

ネコジャラシの先っぽに抜けた爪をひっかけて、抜け毛の疑似餌をつけますと、ネコジャラシのウキがプクプク、すぐに反応して、大漁になります。でも、ぽつん湖には、機械仕掛けのお魚さんも混じっていて、機械魚を吊り上げてしまうと、機械仕掛けの大暴れに、ニャッ! 釣り猫さんのしっぽが爆発して、足元のバケツをひっくりかえし、せっかく釣り上げたお魚をリリースしてしまう。そんなハラペコなハプニングもしばしばおこります

٩(◦`꒳´◦)۶  たくさん釣れたから、糠漬けにしようと思っていたのにニャー
(。-ω-。)ノ だいじょうぶ、残ったお魚を塩昆布じめにすればいいニャッ?

f:id:nyan-chuke:20200911234828p:plain

 

 

ぼっち島のおんぼろ屋敷

湖畔のにぎわいとは異なり、ぼっち島は名前の通り、いつもひとりぼっちで浮かんでおりますけれど、ずっと孤独であったわけではなかったようで、おんぼろ屋敷が1軒、置き去りにされておりました。道路や橋や渡し船や遊覧船もない島に、(1)誰が、(2)いつ、(3)どうやって建設し、(4)いつ、(5)誰が、(6)いつまで、(7)どうやって暮らしていたのか、ねこ森町の七不思議となっておりました 

f:id:nyan-chuke:20200911235026j:plain

違うよ。お化け屋敷ではなく、ねこねこ会議でパパじゃなくて、議長のダイちゃんが決めた、若い猫たちの試練の場です。若猫たちの夢は、NNNに就職し、擬人化されること。そのためにはまず、子猫の指導係免許をとらなければなりません。NNNは、子猫をふさわしい下僕のもとに届けるお仕事をしておりますから、子猫を守るプロでもなくてはいけません。そのためには、何事にも動じない度胸を適正評価された資格が必要になります

昔、南の海に浮かぶ小さな島には、足に蔓を巻き付けて、木の上から飛び降りる成人の儀式があると聞き、ニャンジー試験を導入したのですけれど、そこは猫です。誰も彼も、ニャンパッパ。見事な宙返りで着地してしまうので、楽しい遊びとなってしまいました。そこで困ったダイちゃん議長が、乱歩式試験の導入を提案したのです 

f:id:nyan-chuke:20200911235108j:plain

 ネズミ一匹とったことのない若猫たちから、一斉にゆとりの声が上がります。猫という生き物は、空き家に忍び込むと思われておりますが、最近の家のどこに忍び込める隙間があるというのでしょうか。昭和時代の空き家といえども、たまさんちのような縁の下のある家だって、珍しくなってきたというのに、天井裏なんて、前時代的だぁ!という具合です

f:id:nyan-chuke:20200912122450j:plain

うん? でも、どうやって島に渡るでしょうか。 それは簡単です。「試験場に送って行って」とゴロニャンすれば、脇の下に手を入れてひょい、下僕が島まで渡してくれます。それならば、そうやって島に遊びに行けばいいじゃないとお思いの向きもございましょう。しかし、下僕というのは猫よりも気まぐれで、ぐーたらで、忙しいが口癖の生き物・・・は関係なくて、ねこ森町に下僕を帯同したら、あちらの住処と変化がないものですから、「ここぞというとき1回半まで」と、下僕の使用回数が定められているのです。ちなみにぼっち島への行きは1回、帰りは往復割引で半回になります。乱歩ゆとり式試験とは一大イベントでしょ

f:id:nyan-chuke:20200911103920j:plain

 

 

ぼっち島のDIY

このようないきさつで、ゆとりたちの青猫の家となったおんぼろ屋敷に、ある日、工具ボックスを片手に、黒ずくめの服を着た下僕が現れ、トンカントンカン、おんぼろ屋敷をDIYでリフォームして、それだけでは物足りなかったのか、隣のガレージもリノベしてしまいました

いったい、どんな猫さんが引っ越してくるのかしら。ねこ森町のみなさんも興味津々で、毎日、釣りをするふりをしながら、我先に新参猫さんを見つけようと、みなさん、目を細めておりましたというのに、気がつくと、屋敷にはトラ・クロ・白もふ・シャムの4猫が、ガレージにはトラ・クロ・ミックス・茶白の4猫が暮らしはじめておりました

f:id:nyan-chuke:20200911235219j:plain

 

 

ぼっち島ともうひとつの島

そして、4猫+4猫=8猫の姿を見たその夕暮れに、ねこ森町の全町猫のもとへ不思議なメッセージが届きました

f:id:nyan-chuke:20200911103953j:plain 

お茶会への招待なのですけれど、もろもろ不親切な招待状です。差出猫の名前がないどころか、いつやるの? 日時も書かれておりません。それに猫だまり島とはどこにあるなのでしょうか? ねこ森町にはぼっち島しかありません。

もしかして、お隣のポ村かしら? いえ、薬味のおいしい小料理屋三すくみはございますけれど、島があるとは聞いたことがありません。でも、ぽにゃっと不思議で愉快な村ですから、島の百や二百あってもおかしくはございませんが、ポ村ならきっとまゆさんからお便りが届くでしょう

ひょっとしたら、苗字なのかもしれません。浦島太郎みたいな・・・ネコダマリジマさん? ネコダマリシマさん? 

そんなことより、白猫です。金と青? ふたりいるのかしら? いえ、白はもふしか確認できておりません

ねこ森町の夜空にはたくさんの?が浮かび、ぽつん湖の上で、巨大な一つの疑問符になりましたけれど、そこは猫さまです。いろいろと考えをめぐらしながらも、すぐに深い眠りについてしまいました

f:id:nyan-chuke:20200911104110j:plain

 

 

ぼっち島へ走る走る

ぽつん湖に浮かぶ?マークを置いてけぼりに、静かに眠る午前2時。町中にサイレンが響き渡りました。すやすやと眠っていた猫さんたちは、まるで鎧マントに飛び乗られたように飛び起きて、外へ走り出ました

地震か? 台風か? 火事か? 鎧か? うん、鎧!?

身を寄せ合って心配する町猫の間を縫って、白猫が脱走していきます

白だ! 金だ! 青だ! サイレンだ! うん、脱走!? 

みんな、脱走中の白猫を追っかけて、走り出しました。お茶会へ急いでいるのではありません。白猫のあとをついていくとお茶会にたどり着くことなんて、すっかり忘れております。ただ、気持ちよく寝入っていたところを、爆音で起こされて、怒っているだけで、再び、静かに眠るために、白猫を取り押さえようと必死に走っているのです

ぼうぼうの草むらを突っ切って、右へ曲がって、木に登って下りて、階段を転げ落ちて、草ぼうぼうの畑をよけて、左へ曲がって、水たまりを飛び越して、塀の上をスタスタ通って、うねうねうねって、ぽつん湖の湖面を走って、喉もからからたどり着いたのはぼっち島でした

f:id:nyan-chuke:20200910203746j:plain

 

 

ぼっち島改メ猫だまり島

「ようこそ、猫だまり島へ」

黒猫がふたり、ゆっくりと、とても礼儀正しく頭を下げました。双子でしょうか。体の大きさや毛皮、しっぽの感じがとてもよく似ております。でも、見分けはつきます。屋敷側に立っている黒猫には金の目玉が一つしかないからです

「 お茶会においでくださり、ありがとうございます。ワタクシはニャアハウス おうちに暮らす(り)と申します」
一つ目玉の住人がしっぽをくるんと、きちんとそろえた両手の前に添えました

「心ばかりの支度ではございますが、今宵はゆるりとお楽しみくださりませ。ホテル ガレの支配人viでございます」
二つ目玉の支配人もしっぽをくるんと、きちんとそろえた両手の前に添えました 

f:id:nyan-chuke:20200911235358j:plain 

おんぼろ屋敷はいつの間にか、かつての面影がしのばれる瀟洒な屋敷となり、ガレージは、ぬくもりを感じさせるこじんまりしたホテルにしつらえられておりました。そして、きれいに刈り込まれたお庭には、茶会の支度が立派に整えられておりました 

フロントマンのtoとベルボーイ見習いのcoが、キャットニップのハーブティーを、きょとんとしている町猫のみなさんへふるまいます

ティーカップの上で、三角のお鼻をヒクヒクさせますと、心がふわふわします。心がふわふわすると、湖上の巨大な疑問符もうっすらピンクに色づいて、一口、二口と飲むたびに、たくさんのハート変わって、夜の空へ散らばっていきます

「よろしかったら、ガレハッチの蜂蜜をお入れしましょうか」と、流れシェフのteが蜂蜜を一滴たらしますと、ティーカップの中もピンクに染まります

f:id:nyan-chuke:20200912192943j:plain

 

 

猫だまり島の夜会

夜中にたたき起こされたことなどすっかり忘れて、お茶会は大にぎわいです。しかし、なぜ、夜中なのでしょうか。黒猫たちが主催しているからでしょうか。いえいえ、夜会でございます

家暮らしの猫さんは、夜道を歩くことなど禁じられておりますから、昼間のねこねこ会議が主流となっておりますけれど、本来、猫の集会は夜半に開かれる猫の夜会と決まっていたものです。こっそり家を抜け出して、夜明け前に寝床に戻って、家人が起きる前までに、ぐっすりと眠りにつく。これが昭和猫のMorning Routineでした

猫たちがのびのびと暮らすねこ森町でも、本来のあるべき猫の姿に戻りましょうよと、新参者たちが仕掛けた逆脱出ゲームでした。お家を脱出して、夜の町を愉しもう

「今宵は、満月がおとめ座で金の茶をそそぎ、金星と冥王星魚座で釣りをする、猫だまり島での茶会にぴったりな夜ですので、みなさまをお招きいたしました。ご案内はちょっぴり乱暴でしたけれど、お茶をたっぷり召し上がっていただくための余興でしたの」
(り)がいたずらっぽく微笑むと、左目の宇宙に流れ星が一つ流れました

でも、どうして「ぼっち島」が「猫だまり島」なのでしょうか。このねこ森町は、集まってきた猫が好きな所に好きなお家を建て、好き勝手に暮らせますので、当然、地名も好きな名前をつけられます。そういうルールのようなので、新参猫さんたちはそれに従っただけのようでございます・・・ /ᐠ_ ꞈ _ᐟ\ あつ森なんてやったことないでち ヾ(・・;)ォィォィ

f:id:nyan-chuke:20200912191747j:plain

 

 

猫だまり島の新参猫

(り)が暮らすニャアハウスとは、一般的にはシェアハウスと呼ばれている貸し部屋で、管理人は(し)さんなのですけれど、ご隠居さんなものですから、(り)が管理人的な役目を担っております。(り)の本職は星読みで、左目の宇宙で星の流れを読み、ねこねこ新聞や素敵な猫さんなどの雑誌に占いコラムを執筆しております

先ほど町中を駆け抜けた(き)氏は毛玉デザイナーです。美しい毛玉を紡いで、オンニャインショップで販売中。ちょっと前に流行したファーのイヤリングは(き)氏のデザインです

そして、一番新入りの(ぽ)さんは売れっ子のモデルで、ロイヤルカナンのヒマラヤンや銀のスプーンのラグドールなど、シャム系のパッケージ猫たちの中に入っております。最近はコンプライアンスが厳しく、本物ではなく着ぐるみで対応しているため、(ぽ)さんは大忙しです

個性的な猫たちが共同生活をするニャアハウスは、ホテル ガレの滞在猫さまに、「ずっとプラン」でお部屋もご提供しております。現在は4猫で満員なのですけれど、どうしても入居しなければならない猫さんがいらっしゃれば、下僕が工具を片手にやってきて、増築してくれますので、心配は無用です

f:id:nyan-chuke:20200911235555j:plain

 

 

猫だまり島の困りごと

ねこ森町のみなさんは、町にホテルとニャアハウスができたことを大変喜んでくれました。GoToトラベルで、たくさんの猫さんがねこ森町にやってきて、気に入って移住してくれたら、こんなうれしいことはありません

でも、ここで一つ、大きな問題が持ち上がりました。ぼっち島が猫だまり島となり、おんぼろ屋敷が住猫だくさんになりました。そうなりますと、若猫たちの試験はどうなるのでしょうか

f:id:nyan-chuke:20200912204106j:plain

ふたりの黒猫が口を揃えましたけれど、肝試しではなく度胸試しの場です。肝と度胸の違いは、お化け屋敷に入場するか、おんぼろ屋敷に一泊するかです。どちらも怖いけれど、今はそんなことを言っている場合ではありません。夢と希望にあふれた若猫たちの未来を考えなくてはなりません。父のチチであるダイちゃんねこねこ会議議長の一言を、みんな固唾を飲んで待っております。多くの若猫が試験ではなく、申請したらみんなもらえる免許にしてほしい。できればマイニャポイントもつけてと、ゆとり的な考えを巡らしておりますと

f:id:nyan-chuke:20200912122547j:plain

足元から小さいけれど、張りのある声が聞こえてまいります。猫たちは大急ぎで下を向き、新参猫さんたちは茶会に何か失礼でもあったのかとハラハラしております

刈り込まれた芝生をかき分けて、小次郎軍団の行列が出てまいりました。「したぁにー、したぁにー」と大名行列さながらに声を張り上げてトコトコ、直角にカラダを倒して、垂直にテーブルの脚を歩き、机上を議長の前までやってきました。ダイちゃん議長はおひげをくるんと整え、深々と頭を下げました

小さな小次郎さんが、小さな巻物を広げると、おっほん、一つ咳払いをして、声高らかに読み上げました

 

f:id:nyan-chuke:20200909154933p:plain

 

指導係免許試験は、機械魚試しによって合否の判断をする
試験を受ける若猫も、監督猫も、機械仕掛け魚を釣り上げた時の
あのバタバタに動じぬよう、日々、鍛錬を積むことを強く希望す

King O

f:id:nyan-chuke:20200909154951p:plain

 

 

猫だまり島は大賑わい

King O の御触れにより、猫だまり島では、機械仕掛け魚にしっぽを巻いたり、爆発させたりしない有志によって、釣り青空ゼミなるものが毎日開催されております。若猫たちは希望あふれ、監視猫たちはしぶしぶと、日々、機械魚の大暴れに慣れる訓練に挑みます。釣り上げてはしっぽを爆発させて、しょんぼり巻きしっぽでリリースする繰り返しです。でも、機械魚は太陽光式充電ですから、幾度釣り上げたってへこたれやしません。いつまでも、釣り上げられます。サステナブル(SDGs)に向けたよい取り組みです

f:id:nyan-chuke:20200912193057p:plain

しっかり猫のvi支配人は、ゼミ猫向けに、機械魚に似た魚のカツが入った必勝弁当を売り出し、星読みの(り)は試験運のいい日を知りたがる若猫のために、お庭にパラソルと椅子を用意して、密にならないように注意を払っております

さらに、ホテルのお庭で、丹精したお野菜をはじめ、ハンドメイドの首輪やアクセサリー、スマホカバー、絵付けのお皿、耳かきの綿毛、癒しのたこ焼きなどなど、ねこ森町のみなさんにたくさん持ち寄っていただいて、月に一度、マルシェを開くことにもなりました  

f:id:nyan-chuke:20200912193018j:plain

いずれ、ある程度のお金が貯まったら、丸太の日向ぼっこ台をこしらえて、ちゅんちゅんさんがなくお空の近くで、紙芝居とショートムービーの上映会をしたり、かるた大会や犬の育て方教室などのイベントを開きたい。のんびり雲の写真を撮ったり、絵を書いたり、編み物をしたりするのもいい

緊急を要する子猫さんだけではなく、もっともっとたくさんの猫さんに素敵なホテルライフ、ひいてはねこ森町を楽しんでいただきたいと、ホテリエとしての夢も描いております。そして、この幸せなねこ森町をたくさんの猫に知ってもらうために、あちらに暮らす猫たちにチラシを配りました

 

f:id:nyan-chuke:20200911235739g:plain

f:id:nyan-chuke:20200912000036g:plain
f:id:nyan-chuke:20200912191952g:plain
f:id:nyan-chuke:20200911235823g:plain

ある日突然、ぼっち島に置き去りにされた子猫のみなさん
居場所が見つからなくてぼっち島をうろうろしている猫さんへ

 

ねこ森町8丁目、ぽつん湖の猫だまり島にあるホテル ガレをおたずねください。DIYホテルですから、冷暖房は完備しておりませんが、夏は氷柱、冬は湯たんぽをご用意し、ちゅーるは1本を分け分けしなくてはなりませんが、できるすべてでおもてなしいたします

当ホテルは、NNNと業務提携したうえで、下僕インターネットも活用し、新しい家族を見つけるサービスに力を入れております。残念ながら、新しい家族が見つからない場合でもご安心ください。ニャアハウスおうちで一生のんびり暮らしていただけるオプションもご用意いたしております

悲しいね、辛いね、怖いね、でも、泣いてばかりいないで、怯えてないで、震えていないで、勇気をふるって、ぼっち島から一歩を踏み出してください。姿を見せてくれないと何もできないのです

外暮らしには厳しい冬がやってまいります。一刻も早く、ねこ森町を目指してください。さぁ、がんばって。一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしております

 

f:id:nyan-chuke:20200912134117j:plain

f:id:nyan-chuke:20200912000549j:plain

   
(1) しっぽの毛*1を3本抜く
(2) 「GoToねこ森町!」と唱えながら、空に飛ばす
(3) 目を閉じて3秒待つと、あなたの隣にバス停が出現*2  
(4) ほどなくニャンニャンバスが到着するので、出発だぁ!
(5) ねこ森町一丁目バス停で下車し、案内所でノミ取りスポットを滴下*3
(6) スポットが乾くまで、のんびり町を散策しながら、湖へ向かう
(7) 勇気をふりしぼって、湖に一歩を踏み出す。あなたが踏み出せば、そこに道ができる・・・ /ᐠ_ ꞈ _ᐟ\ あら不思議、湖上をスタスタ歩けるでち
   
【ひげが抜けない場合】
空き家に忍び込んで、押入れエレベーターでおいでください。押入れエレベーターは雲を突き抜けて上昇し、急降下いたしますので、ご覚悟ください・・・ /ᐠ_ ꞈ _ᐟ\ 心を強く持つでち

f:id:nyan-chuke:20200912130449j:plain 

f:id:nyan-chuke:20200911235739g:plain

 

 

長々と駄文をお読みくださりありがとうございました。ねこ森町のストーリーテラー楓屋さまの「のっかって」というお言葉に甘えて、のっかっちゃいましたm(__)m

にゃにゃにゃ工務店 (id:JuneNNN)さま、ゆきの (id:dohkeshi)さま、勝手に画像を拝借いたしましたm(__)m

 

 ねこ森町の物語

kaedeya.hatenablog.com

 

にゃこさんのねこ森町

www.mamechu.com

 

ねこ森町アート

junemutsumi.hatenablog.com

 

clown2020.hatenadiary.jp

 

 

ブログ村に参加しました。ボッチとお願いするニャン(=^・^=)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

*1:大人猫はヒゲ1本

*2:左参照

*3:スポットを受けた場合はちゅーる1本プレゼント!!