にゃんころころ猫だまり

♫ ♪ 家猫5匹とガレ猫3匹、そして幸せに出逢った子猫たちのアルバムです ♪ ♬

瞬膜がひっこまない!!

おはよう秋刀魚!ヾ(=゚ω゚)ゞ

サンマを食べてないから、はらへったー、めち食わせ~  /ᐠ ._. ᐟ\ฅ

はいはい、わかりまちた。サンマはまだご用意できませんけれど、カリカリならお好きなだけどうぞ。いつもと同じ、とっ散らかった朝の始まりです

f:id:nyan-chuke:20191002143720j:plain

でも、とーちゅけの様子がちょっとへんです。陽炎になっているからではありませんよ。待ちきれずに動きまくっていて、元気な食いしん坊さんはさんなのですけれど、なぜか、よそよそしい

f:id:nyan-chuke:20191002142859j:plain

f:id:nyan-chuke:20191002142830j:plain

f:id:nyan-chuke:20191002142917j:plain

 

ありゃりゃのりゃ

みなさま、お気づきになられましたでしょうか?  例のアレです。要するに、またまたDéjà Vu でございます。新参猫がまた何かのウイルスを持ち込んだのでしょうか。とーちゅけの瞬膜がひっこまずに、出たままになっているではございませぬか

瞬膜はまつ毛のない猫の眼球を守る役割があって、瞬膜が左右に、ワイパーのように動き、眼球についた汚れやほこりなどを払ってくれます。目薬を入れるために、まぶたを無理やり開かせると、シュルーと閉じてくるやっかなアレですけれど、とても大事な働きをする正式名称「第三眼瞼」です

ほら、ご覧ください。このように火サス風に眠っても、瞬膜が目玉をカバーし、美しいオッドアイを乾燥から守ってくれます。このように鑑識課が必要な場合でも、目を覚ませば、瞬膜はひっこみます。正常な動きですf:id:nyan-chuke:20191002151409j:plain

 

ところがどっこい

てーちゅけさんはちゃんと起きているのにもかかわらず、瞬膜が出たままになっております。考えられることは

  • 結膜炎:目の充血、腫れや目ヤニ  
  • 角膜炎:ケンカや爪による外傷
  • チェリーアイ:瞬膜腺が赤く腫れ、瞬膜が逸脱する
  • ホルネル症候群:頸部交感神経路(視床下部~眼球)の周辺の異常
                                 原因は先天性の異常や外傷、腫瘍や中耳炎など
                                 原因不明で突発的に起こるケースが多い

f:id:nyan-chuke:20191002154648j:plain

どアップで失礼いたしますが、上記3つの症状はみられません。じゃあ、4つ目の・・・そんなややこしい症候群だったらどういたしましょう

 

またまた病院にて

風邪はひいていないようだけれど、念のため体温を測っておきましょうと、先生がしっぽを握って、ムニッと上にあげましたら、てーちゅけも負けじと💩ムニッ

「あら、便が出てきましたね」

(;Ⅲ□Ⅲ;)あわ!! そこは負けてくだいまし・・・。肛門腺液の次はウンチョとは、まぁ、ムニッ程度でよかったと思うべきですわね。しかし、一度ならず二度までも。重ね重ね申し訳なく、お恥ずかしい次第でございます。まったく、シマシマ男子は腰抜けぞろいだわ

f:id:nyan-chuke:20191002215638j:plain

平熱で、一応、ウイルスの影響はないので、猫だまりパンデミックからは免れましたけれど、目の検査をした結果、瞳孔の伸縮も鈍いとのこと。おそらく、自律神経が関係しているのではないかとおっしゃるのですが、自律神経といえばストレス!? のんびり暮らしているのにと思ったら、猫の自律神経はストレスとは関係がないそうです

f:id:nyan-chuke:20191002184506j:plain

 

それからそれから

自律神経は交感神経と副交感神経からなっているのですけれど、瞬膜は副交感神経の配下にあって、リラックスしたり、落ち着いたりしているときに瞬膜が出て、緊張するとひっこむ。実際、とーちゅけを診察台に乗せて、瞬膜を診ていただこうと思ったら、あら、さっきよりひっこんでいるやないか~いと、イラッといたしましたけれど、緊張していたのですね。でも、ムニッはなしよ

副交感神経を刺激する目薬を取り寄せることもできるけれど、とりあえず、しばらく様子をみてください。頭を打った猫は2~3か月、瞬膜が出たままで、その後は自然に直ったケースもありましたから

しばらくって、1週間くらいかしらと思っていたのですけれど、3か月近くも出っぱなしかよと驚いたら、ついでに重大なことを思い出しました・・・/ᐠ_ ꞈ _ᐟ\ コチラでち

f:id:nyan-chuke:20191002193442j:plain

 

なんでそーなるの

9月8日の朝のことでございました。いつもと同じ朝が始まるはずでしたのに、びちゅこの顔に得体の知れない違和感がございました

この時はキバにばかり気がとられて、まったく気がつかなかったのですけれど、この写真を貼って気づきました。目の中に黒い傷がある Σ(°д°lll)ガーン もう一か月も前のことになってしまいましたので、どうすることもできないのですけれど、やはり、これは頭を打ってますね

f:id:nyan-chuke:20191002193503j:plain

 

なるへそなるほど

びちゅこはひどい歯周病で、猫だまりに連れ帰った一歳のころにはもうすでに前歯が抜け落ちており、その後も、目撃できただけで、2度も奥歯が抜けておりましたけれど、ついに、ガシッと根をはった大きなキバまでもが抜けてしまったかと、野良猫の現実に落胆いたしました。でも、よく見ると、抜けたというよりポキッと折れたよう。そのときは、viがどこからか落ちて、歯を打ち付けたのかしらと思っておりましたのに

f:id:nyan-chuke:20191002194709j:plain
f:id:nyan-chuke:20191002194745j:plain

とーちゅけも頭を打った可能性が出てきたのなら、toがviにちょっかいを出して、ふたりでくんずほぐれつやっているうちに、階段から転げ落ち、viとtoが入れ替わっちゃったぁぁぁ!・・・/ᐠ_ ꞈ _ᐟ\ なんでちか

f:id:nyan-chuke:20191002203625j:plain

もとい、もし、ふたりで転げ落ちてキバが折れたなら、びちゅこも瞬膜が出ている、いや、むしろ、viの方が重症じゃないとおかしい。でも、viに異常はないんですと先生にお話ししてもどってきたらさ、この有様でち

f:id:nyan-chuke:20191002203937j:plain

瞬膜、遅ればせながら出てました・・・/ᐠ_ ꞈ _ᐟ\ でちネ

2、3か月、様子見です。よ~く観察いたしましたら、とーちゅけにも落ちた痕跡が。あなた、コンクリですりましたね

f:id:nyan-chuke:20191002220104j:plain

 

そんなこんなで

新しい入居者があると、ただゴロゴロいいながら、コロコロ寝っ転がっているだけの猫だまりにもちょっとした変化が起こります。いい変化もありますけれど、悪い変化もいたしかたございません。でも、猫だまりはいい方向へコロコロ転がって行ってくれるでしょう。なんてったって、かわいい猫ぞろいなのですから

でもね、神は幾度、ワタクシをお試しになればお気がお済みになるのでしょうか。よく、アスリートさんが、神は乗り越えられない試練は与えないとおっしゃっておりますけれど、またしてもDéjà Vuかな

f:id:nyan-chuke:20191002211336j:plain

シャンプーしたから、ドライヤーで乾かすんですよ。3匹目の使者です。この子はぶじに、幸せな居場所へと送り出せるでしょうか

それにしても、NNNよ、人使いが荒すぎません ・・・/ᐠ_ ꞈ _ᐟ\ でちネ

 

ブログ村に参加しました。ボッチとお願いするニャン(=^・^=)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村