にゃんころころ猫だまり

♫ ♪ 家猫5匹とガレ猫3匹、そして幸せに出逢った子猫たちのアルバムです ♪ ♬

野良猫を飼ってみたら、まな板の上にのぼりました

(*゚ェ゚*) うちには2匹の元野良猫がいます

今年16歳になる、ぼーちゅけと

f:id:nyan-chuke:20190203200623j:plain

  

今年5歳になるということにした、てーちゅけです 

f:id:nyan-chuke:20190203201722j:plain

 ※とーちゅけとびちゅこは生後3か月からの付き合いの公園猫なので、野良猫のカテゴリーから除く。ここでの野良さんは流れ者を指しますm(__)m

  

(*゚ェ゚*) 猫の譲渡会や里親探しのサイトでも

小さければ小さいほど、飼い主さんは早く見つかります
しょうがないですよね~  あの可愛さときたら、何物にも代えがたい

f:id:nyan-chuke:20190203205800j:plain
参考写真💖とーちゅけ&びちゅこの弟&妹です

 

(*゚ェ゚*) 我が家の猫だまりに流れ着いたとき

ぼーちゅけは6か月。てーちゅけにいたっては、デカ面の成猫
飼い主さんを見つけるのは難しい大きさでした
でもね、そんな野良猫を飼っている私から一言申し上げたい

 

   

               野良猫が人になついて

     野良猫が人に心を許すと

 とことん人を信じてくれます

 

  

(*゚ェ゚*)  子猫から育てると、不思議なことに、姫&王子に育ちます

ゴロゴロ、のどを鳴らして欲しければ、気持ちいい部位を撫でて差し上げなければなりません。しかも、撫で方が悪いと、静かな目で見つめ続けます < え、もっと右ですか~ >

 

(*゚ェ゚*)  野良猫が飼い猫になると、そばにいるだけで、ゴロゴロ、ゴロゴロ

のどを鳴らします。背中でも撫でようものなら、「どうにでもして!!」と身を投げ出して、まな板の上の猫。いやもっと、まな板の上にのぼって、自ら開きになります。まな板の上の猫の開き!!  絶対の信頼を示します。その姿はとてつもなく愛おしい。と、同時に、「もう、どこにもやりませんから、ずっとここにいますから、安心して、普通の猫になって」と、切なさすら覚えてしまいます< う、物悲しい~>

f:id:nyan-chuke:20190206122012j:plain
半家猫・半野良猫として、自由に暮らしていたぼーちゅけ

  

(*゚ェ゚*) 私が飼い猫にした野良猫は流れ猫2匹と公園猫2匹の4匹です

この世界、いや、そんなに大きく語るべきではありませんね。私の周りだけでも多くの野良猫がいます。この猫たちをすべて飼うことはできません。でも、自然の中で生きていくことは厳しく、世間は世知辛さを増すばかりです

 

(*゚ェ゚*) 最初は地域猫を目指していました

野良猫を守り、野良猫の数を減らすには、地域猫という方法があります。とーちゅけとびちゅこも、最初は地域猫として保護できないかと考えていました。ネットで調べたり、資料を取り寄せたり、自治体に問い合わせたりしたけれど、もろもろ厳しい。情けないことに、行動に移すこともなく、あきらめてしまいました 

  

(*゚ェ゚*) 野良猫は、人に慣れるまでは時間がかかります

もちろん、人間にかかわりたくない野良猫もいます。 けれど、流れ流れ生きている猫が、もし、あなたの前で足を止めたなら、その猫のことを覚えてあげてください。そして、記憶に留めてあげてください。すると、その猫をよく見かけるようになります。よく見かけるようになると、その猫の暮らしぶりもわかるようになります

 

(*゚ェ゚*) ゆっくりでかまいません。遠くからそぉーっとでかまいません

少しずつ、少しずつ、猫との関係を作ってみてください。人も猫も同じ世界で住んでいるご近所さんなのですから、ちょっと手を差し伸べてあげてみるのも <す、す、素敵なことかな~> 

 f:id:nyan-chuke:20190205213318j:plain

 

地域猫をあきらめた気弱な猫好きなのに、生意気なことをつらつら書いてしまいました
最後まで読んでくださってありがとうございました <(_"_)>ペコッ

  

ブログ村に参加しました。ボッチとお願いするニャン(=^・^=)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村